外部装飾

住宅ローンが負担なら

対処方法の変化について

不動産

家1軒の購入代金を現金で用意できるという人はまずいません。そのため、実際にはほとんどの人が銀行等の金融機関で住宅ローンを組んで、家を購入しています。住宅ローンの利用申し込みをすると、だいたい1ヶ月位かけてじっくりと融資審査がなされます。金融機関としては、回収不能に陥ることを極力避けたいと考えていますので、本当に返済能力があるのかどうかをかなり詳細にチェックします。返済能力がある人にしか融資しないわけですから、本来であれば、回収不能になってしまうことはありえません。しかし、人生いつ何が起こるかわかりませんので、住宅ローンの返済が難しくなってしまう人がしばしば現れます。一昔前までは、返済不能に陥ってしまった場合はマイホームを差し押さえられて競売にかけられるというのが定番コースになっていました。でも、近年になって任意売却の専門業者が登場してくるようになったため、自宅を任意売却するという方法を選ぶ人が多くなってきました。

任意売却費用について

任意売却専門業者を利用した際にかかる費用は、普通の不動産業者に物件売却の仲介を依頼した場合にかかる費用と全く変わりがありません。任意売却専門業者は、その物件の購入希望者を探してくれるだけでなく、債権者との交渉も全部代わりに行ってくれますので、何か特別な料金が発生するのではないかと考える人が多いです。しかし、あくまでも物件の売買契約が成立した場合に、宅地建物取引業法で定められている範囲内の仲介手数料が発生するだけですから、安心して利用することができます。また、任意売却専門業者の中には、購入希望者を探すのではなく、最初から物件を買い上げてくれるサービスを提供している業者もいます。その場合は、任意売却専門業者自身が売買契約の当事者になりますので、手数料が一切かからないことになります。