外部装飾

任意売却のコスト

任意売却のコストの動き

一軒家

任意売却は、満額の債権回収が困難の場合に行われるケースがあるのですが、この際に考えなければいけない点は配分金額の点です。債務処理を行う場合は、ひとつの金融機関のみで執り行われるケースは稀です。そのため各金融機関の立場を勘案しながら公平な配分をするということが重要です。そして任意売却を行う際には、税金の滞納も考えられます。固定資産税などは固有資産を所有している限り、払い続けるのが一般的ですので、債務処理を行う段階になるとこの税金に関しても滞納しているというケースが多いです。この税金に関しては役所に滞納金額全額を支払うのが一般的ですが、難しい状況であれば分割での支払いも可能なようです。そして新物件への引っ越し費用や業者への仲介手数料なども支払う必要があります。この合計金額が任意売却の際に動くコストということになります。

売却における住宅ローン

任意売却は通常に物件を売却した場合と同様に取り行われますが、競売と異なる点としては住宅ローンを組みやすいという点です。このことにより売却金額に関しても競売よりも高価値になるケースが多く、債権者にとってもより債権回収のメリットが高まります。現在ではキャッシュで不動産を購入されるケースは非常に希少ですので、住宅ローンを組むというのも一般的です。不動産売却の金額で債務返済に充てるのですから、住宅ローンを組めるということは、より購入者の範囲を広げやすくなるということです。一昔前ですとローンを組むことが容易でしたので、任意売却においてもすぐに購入者が出てきていたのですが、現在ではローンの審査基準が厳格になったことから、迅速にかつ適正価格でという手法ですと主流の方法と言えるのです。