外部装飾

任意売却とは

不動産

多くの不動産をお持ちの方は、任意売却をしてもそんなには支障がありません。 しかしながら、大部分の方は、土地建物について、一つ所有されている方がほとんどです。 こうした中、金融機関から住宅ローンを組まれて返済を月々されていると思います。 この住宅ローンを組まれる時には、必ず金融機関は、抵当権を設定します。 抵当権とは、むやみに所有者が土地を転売できないようにするために、保険をかけているような権利です。 また、この権利を活用して、返済が滞った場合に、抵当権の実行を行い、競売にかけて得た金額から住宅ローンを返済させるという方法をとります。 このように金銭の改修を行えるようにしています。 任意売却をしたくても、できなくしていることとなります。

とりあえず、任意売却などによる措置を取らなくてもよいようにするには、返済を必ず行うことです。 そうすることで、任意売却をして、返済金に当てなくても良いのです。 しかしながら、まだまだ続く近年の不況により、安定した収入を得ることは難しいこともあります。 そうすると、返済が滞り、手に入れた資産を任意売却により、金銭に変えて、手放さなくては行けなくなります。 任意売却については、土地に抵当権がついていますと、所有者が勝手に売買できません。 必ず抵当権をつけている方との相談が必要となります。 勝手に任意売却を行うことも可能ですが、売却しても抵当権の権力が強く、次に所有された方が、土地についた抵当権を引き継ぐ事にもなりますので、売れる可能性はまずありません。